夢みる女の日常

日本人離れした生き方をしている女性の日々の出来事

沖縄がポートランドやニューヨークと似ていると思うわけ

私は以前正確には4年前にオレゴン州のポートランドでの留学を終えて帰ってきた。そして、帰国前にニューヨークに1週間くらい旅行してきたので、その土地の持つ個性について比較対象できると思う。ここ沖縄は南国で年中大体暑くて、冬もあるが、本格的に寒いと思うのは大体2月の1週間くらいだ。北国に住んでいた人やポートランドやワシントン州に滞在していた私からすると今沖縄にも寒波は押しよせているが、気温からもわかるように大体本土の秋頃、11月位の寒さで、真冬はさっき言ったようにいつも大体2月のある1週間くらいだ。
それではなぜ、ポートランドが沖縄と似ているかというと、ポートランドは湿気がなく沖縄のようにあまり蒸し暑くない、しかし冬は雨が多い。沖縄もその点では同じだと思う。しかし、ポートランドの冬は長いし、雨がずっと降り続くところが沖縄と違うと思う。
さて、それでは大都会で超高層ビルがひしめき合うニューヨークと亜熱帯の小さな島沖縄がなぜ、ニューヨークと似ているかというと、実は沖縄は自慢出来ないが、夜型社会で夜道を歩いていても誰かがいるので、ある意味安心感があるのである。私がポートランドに滞在中、8時を過ぎて道を歩いているとほとんど人はいなく、10時を過ぎようものなら、私だけが通りを歩いているようなもので、ごくまれに散歩する人に遭遇して安心したことがあった。ポートランドでも街の中心地はむろん夜でも多少人はいると思うけれど、他の地域はそうではなく、私は特に田舎に住んでいたわけではないが、夜バスから降りた後の夜道を歩くのが怖かった。ニューヨーク出身のアメリカ人女性も、ニューヨークで夜外を歩くよりもポートランドで歩く方が怖いと言っていた。
なので、私はニューヨーク滞在中ハーレムと言うそれほど治安のよくないと言われる地区に1週間くらい滞在したが、夜遅く帰っても地下鉄には人がごった返していたし、電車を降りても通りには人々がいたので、まるで沖縄みたいだと思いながら、宿に帰って行ったのである。


一息

本格的に新年度が始まり、4日間ではあったが、今週が無事終わってホットしている。新年そうそう腹の立つこともあったが、それもうまくクリアーして週末を迎えられたので、ラッキーだと思う。
残念ながら、ここ沖縄は夏は暑いけど、青く澄み切った空とコバルトブルーの海が至る所にあるステキな所だが、いかんせん冬は雨が多く、海辺の景色も夏ほどきれいでない。せめてスッキリと晴れてくれるといいのだが、そこがここ沖縄が私の留学していたオレゴン州ポートランドと似ている所だと思う。ここ沖縄にも例外なく寒波の波は押し寄せて、今年一番の寒さになっているけれど、沖縄は2月でも半袖着ることがあるので、今年もたぶんそんなものだと思う。

日本人離れしていると思うわけ2

この前もこのタイトルで書いたけど、今日も書きます。私は英語が大好きで、そのため、仕事は基地の中で働いていると言うわけではないけれど、趣味は英語学習に関する物が多い。日曜日の朝はここ沖縄ならでは出来ることかもしれないが、私はクリスチャンではないが、アメリカ人の(主に軍人向けの基地外にある)教会に行って、朝のBible Studyのクラスにアメリカ人に交じって聖書の勉強をしている。そのクラスは1時間足らずの短い物だが、私にアメリカの大学を彷彿させるので好きだ。そして、火曜日は外人のホームでのBibleStudyに参加し、木曜日は英語スピーチのクラスに参加している。また週末の土曜日はアメリカ人と日本語と英語の交換勉強会をして、お互いに自分の母国語を教え合っている。なので、仕事は日本人の所で働いているが、大体週3回以上英語に関わっている。たぶん基地の従業員以外で日本にいながらにしてこれほどアメリカ人と関わっている日本人は少ないかもしれない。とそういう理由からも自分はあまり日本人的でないと思うのである。